スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のうえんカフェに食べに行こう

袖ケ浦市のみなさん、こんにちは。
この週末は特に寒かったですね。

今回は袖ケ浦市にある食堂、のうえんカフェをご紹介します。

テレビでも度々取り上げられるのうえんカフェ(公式ホームページ)
聞いたことはあるけれど、まだ行ったことはないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

〒299-0201
千葉県袖ケ浦市川原井1838

のうえんカフェ 看板

平日は開店一時間前から並ぶのは当たり前、休日のお昼時は2時間待ち、なんていう日も。
来店したら入口に置いてある紙に名前と人数を書いて待ちます。

外に屋根付きの待合所があります。
この季節は寒いので、車の中でお待ちの方も多いです。

のうえんカフェ 外の待合所


我が家が訪れたのは祝日の一時半頃でしたが、8組目の45分待ちで入店できました。

rps20170116_120349[1]

店内にはテーブル席と座敷席があります。
お座敷に通された時は、入口に用意されたビニール袋に靴を入れて席まで持って行きます。

メニューは下の通りです。

のうえんカフェ メニュー

いずれのメニューも量が多いので、家族4人(夫婦+小さいお子さん2人)なら3人分注文するのがおすすめです。
注文してから待つこと30分

のうえんカフェ ロールキャベツグラタンセット
   ロールキャベツグラタンセット
ロールキャベツをデミグラスソースで煮込むという手間がかかっているのに、1080円(税込み)と抜群のコスパ。
大人の男性でも一人で食べきれるか、というボリュームです。

のうえんカフェ チキンプレート
   のうえんカフェ チキンプレート
チキンのチーズ焼 バシルソースがメイン。
チキンのトマト煮もついています。こちらは少しピリ辛です。
キッシュが冷たかったのが残念。

のうえんカフェ 農園風豚カツのオーブン焼きセット
   農園風豚カツのオーブン焼きセット
オーブン焼きにのっているじゃがいもがほくほくです。
こちらもデミグラスソースがっかかっています。
豚カツが少々切りにくいので、お子さんが食べる場合は切ってあげると良いでしょう。

セットによって少し違いますが、サラダ・白菜の漬物(ゆず風味)・切り干し大根の小鉢などが付いていて、野菜がたくさん食べられるのもいいですね。

デザートがないと!という方にはサイドメニューも。
のうえんカフェ サイドメニュー


いつか食べてみたい、15時から限定メニュー フレンチトースト
のうえんカフェ 15時~限定メニュー フレンチトースト

帰る前にはお土産コーナーもチェック!
お惣菜やプリンなどのデザート、千葉名産の落花生も売っています。

のうえんカフェ お土産コーナー

いかがでしたか?
ドイツ村で遊んだ後などに、立ち寄ってみてくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

姉崎スケート場に行ってみよう!

袖ケ浦市の皆さん、こんにちは。毎日寒いですね。
寒いときにこそできるスポーツをしに、出かけてみませんか?

今回ご紹介するのは、お隣の市原市にある姉崎公園内にある姉崎スケート場です。
所在地:市原市姉崎海岸23-2


姉崎スケート場

夏はプールとして賑わっていますが、冬はスケートリンクとして利用されています。
屋外なので、晴れている日がおすすめです。


袖ケ浦市民は市外料金になってしまいますが、在勤の方は市内料金で利用できますので、社員証などを持参しましょう。
(受付での「市内外のチェック」はかなり厳しいです。)

必ず持って行かなければならないものは、指先まで覆われている手袋です。

貸し靴(400円)があります。この季節ですので大丈夫だとは思いますが、必ず靴下をはいて行きましょう。

貸し靴は400円です。


もちろん、自前のスケート靴があれば持ち込めます。
靴の中に入れるホッカイロもあると良いかもしれません。
私は足が冷たくなりすぎて辛かったです。


ヘルメットも無料で貸し出してくれますが、未就学児のお子さんには少し大きいです。
もし自転車用のヘルメットをお持ちであれば、そちらをかぶった方が安心ですね。

無料で利用できるヘルメット




リンク内はスマートフォンやカメラを含む電子機器、バッグの持ち込みは禁止です。
何人ものスタッフがリンク内を滑走しながら目を光らせていますので、気を付けましょう。

注意書きもチェック


ロッカーは有料で100円です。小銭があると便利ですね。
スケート場に入った右側には売店もあり、軽食を売っています。自動販売機もありますよ。
お弁当や水筒を準備してきている方もちらほら見られました。
長い時間楽しむことができますね。

付き添いで来ただけで滑らないよという方は、防寒対策をしっかりと。
毛布やカイロを持参しましょう。動かないとかなり寒いです。
ポケットティッシュもお忘れなく。

リンクは外側が一周できるコースで、その内側に下のようなサブリンクがあります。

小さいリンク

スケートに慣れていない方や小さいお子さんは、まずこのサブリンクで練習すると安心ですね。

一日のうちに数回、氷上整備があります。

我が家の子供たちは、一時間ほどの練習で滑れるようになりました。
スタッフさんにお願いすれば、無料で指導もしてくださるそうです。

また、不定期ですが日曜日の午前8:45分から先着順で「サンデースケート教室」も開催しています。
冬季限定のスポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

市原市の公式ホームページ

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

tag : 市原市 スケート場 子連れ レジャー

リトルダンス/キッズダンス

インストラクターは若い女性の方で、リトルダンスとキッズダンスの両方を教えていらっしゃいます。
幼少期からバレエとHipHopを習い、専門学校ではJazzなど様々なジャンルを学ばれています。
ディズニーシーダンサーの経歴もあります。
2016年は紅白歌合戦にバックダンサーとして出演されました。
笑顔の素敵な優しい指導員です。

<リトルダンス
リトルダンスは4歳からが対象です。
リズム運動や簡単なダンスのステップを練習しながら、思い切り体を動かして、楽しく踊ります。
小さいお子さんが先生の動きをまねながらダンスする姿はかわいらしいです。
お子さんの気分が乗らない時には無理をさせないで、教室の中で見学していましょう。

教室開催日時
 毎週水曜日 15:30~16:30

<キッズダンス>
様々なステップを習得し、それらを組み合わせて曲に乗って踊ります。
リトルダンスに比べると難易度はぐっと上がりますが、厳しい先生ではないのでダンスが好きなお子さんにはおすすめです。

発表会が年に2~3回あり、それに向けて特別追加レッスンがあります。
特別レッスンは任意です。費用は9000円ほどかかります。
衣装代が別途かかることもあります。

  これまでの発表会の曲目
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / 「R.Y.U.S.E.I.」、
安室奈美恵/stranger
big band/bang bang bang
Justin Bieber /What Do You Mean?  など

発表会の開場はドイツ村と君津の文化会館です。
当日はエクステをつけるなどのヘアアレンジしてくるお子さんが多いです。
メイクしたり、シールタトゥーを貼ったりとおしゃれしてきます。
目標があると、レッスンにもメリハリがつきますね。

教室開催日時
 毎週水・金曜日 17:35~18:35 

対象
 6歳から小学生まで

<リトルダンス・キッズダンス共通>

持ち物
 動きやすい服装
 室内シューズ
 シューズケース(外履き入れ)
 飲み物
 タオル

受講料
 3ヶ月/全12回 税込み
市内幼児      6000円
市内学童      9080円
市外幼児・学童  11040円

※市内に在園・在学している場合は市内料金で受講できます。

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

tag : 袖ケ浦市 ガウランド ダンス

指導員によって判定基準が違う?

判定の基準は決められているものの、指導員によって差が出ることは確かです。

中には比較的厳しめの指導員もいます。

何度も判定会に落ちてしまってモチベーションが下がり、中にはやめてしまうお子さんもいます。

なかなか進級できない時は、どこを直したら良いのか指導員に聞いてみると良いでしょう。

最終手段として、振替受講の手続きをして違う曜日の判定会に参加する、ということもできます。

曜日によって指導員が異なるので、例えば火曜日の指導員がダメでも土曜日の指導員ならOKを出してくれる、という時もあります。

(違う曜日でも同じ指導員だった、ということもあります。)

お子さんの中には進級しなくても全然気にしない、というタイプの子もいらっしゃいます。

そんな場合は、気長に待ってみても良いと思います。

幼児学童・学童上級

受講生は小学生のお子さんが大半を占めていますが、16:30からのクラスは未就園児も多く見られます。
判定会によってクラス分けされているので、それぞれその級に合わせた練習をします。
1人の指導員に対して受講生が10人以上の場合が多いです。

教室開催日時
  毎週火・水・木・金曜日 16:30~17:30  17:30~18:30
  毎週土曜日      9:15~10:15  10:15~11:15  11:15~12:15 
               17:00~18:00(学童上級:白帽子以上が対象)

対象
 4歳から小学生

定員
 65名/各コース

受講料
 3ヶ月/全12回 税込み
市内幼児      6000円
市内学童      9080円
市外幼児・学童  11040円

※市内に在園・在学している場合は市内料金で受講できます。

 持ち物 <すべての持ち物に記名しましょう>
水着
水泳キャップ(指定帽子:648円)
タオル
着替え
健康登録カード
プロフィール

みずき

Author:みずき

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。